コロナの不安と恐れ

アロハ!吉田小登美です。

 

私の住んでいる地域(兵庫)も
緊急事態宣言が出ました。

 

その影響を受けて、
私の職場は全面的に在宅勤務となり、
今、自宅で会社の仕事をしています。

 

一人暮らしなうえに、一人で仕事。
普段会社の人って、そこまで仲良くないけど、
(あ、職場の人はいい人ばかりです。
でも、プライベートまでは。。。という感じです)

 

それでも、会社の人と会えないというのは、
結構寂しいもんだなぁ。。。と
在宅勤務の前日に思ったこと。

 

そして、コロナが蔓延しても、
かろうじて仕事もあり、
会社を首になっていないこと。

 

給料ももらえて、仕事があること。

 

だから私は大丈夫!
ご飯しっかり食べて、ちゃんと寝て、
手洗いしっかりしてたら大丈夫!

 

と思っていたけれど。。。

 

やっぱり不安と恐れはある。
それを見ないようにしていた私。

 

 

でも、昨日はそれをロミロミ仲間と話をし、
先生にもアドバイスをもらい、
一通り泣いたら、今日は昨日より気持ちが軽くなっていた!

 

:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-

 

ネガティブな感情、不安や恐れは
感じないようにうまーく避けることができる。

 

でも、避けていると、それはどんどん大きくなって、
いつか自分を襲ってくる。

 

私が学んでいる、カフナプリンシパル(カフナの叡智)では、
「恐れと友達になる」とも言われます。

 

友達って!って思うけど、
恐れとお友達になると、恐れが自分の味方になってくれて、
自分がこれから前に進むための力となってくれる。

 

世間では、恐れは自分の足を引っ張るもの、
って思われているかもしれないけど、
そうじゃなくって自分の力になる。

 

これってめっちゃいいと思いません??

 

私も今一度、恐れを恐れず(笑)
お友達になれるように工夫します!

 

Mahalo♪

 

この記事を書いた人

吉田 小登美(よしださとみ)

兵庫県加古川市生まれ。神戸市在住。
30歳手前で離婚を経験。人生崖っぷち!となった時に、自己啓発とスピリチュアルに出会う。
その後、アロマセラピーとハワイの伝統療法「カフナボディワーク」を習い始め、人見知りなのに人にがっつり接する「セラピスト」活動を始める。
現在、契約社員として会社に勤めながら週末はセラピスト、という週末起業家として活動中。
福山雅治のファン歴25年。チョコレートと猫が大好き!最近、お酒が弱いのにスパークリングワインに手を出し始めています♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください